セカンドライフをサポート!「長野県」を紹介

自然の多い地域

長野と言うと、自然の多い地域です。
オリンピックの開催された白馬山は、冬になればスキーやスノーボードなどを楽しむことができ、緑も多く、水や空気も綺麗です。
東京は高層ビルが無数に建ち並びますが、長野にはそのような風景は無く、雄大な山や川、湖があります。
アウトドアを楽しみたいならば、長野は適していると言えるでしょう。

また自然が多いことは、夏の気温を涼しくしており、夏は過ごしやすいです。
長野の避暑地というと軽井沢が有名で、自然が多く綺麗な場所で、セカンドライフとして住むには良い場所です。
もしも老後に住もうと思うならば、すでに定年して仕事は終えているので、通勤の事は考えずに済み、多少不便な場所でも困らないでしょう。

冬はウインタースポーツを行うことが出来ますが、その代わりに、冬は雪が多く寒いのは覚悟した方が良いでしょう。

美味しい料理が多い

長野というと、美味しい食べ物が多い地域でもあります。
有名な料理というと蕎麦があり、信州蕎麦が有名でしょう。
信州という地域なので、蕎麦の他にも、おやきや五平餅などもあり、特産品も満載です。
寒暖差の激しい地域なので、野菜や米も美味しく育ちます。
美味しい野菜も多く取れるので、野菜を使った料理も多数あり、野沢菜漬けなどの漬け物も有名です。
あまり知られていないかもしれませんが、ソースカツも有名で、名古屋の味噌カツと似ており、美味しいトンカツです。

また忘れてはならないのが、酒蔵の多い場所でもあり、全国で2番目に酒蔵が多いです。
やはり寒暖差の激しい気候が日本酒造りには向いており、美味しいお酒が沢山ある地域です。
ワイナリーも次々と出来ているので、ワイン生産も盛んで、ワイン好きな人にもおすすめです。
酒蔵やワイナリーも多いので、お店からでなく、直接訪れてみても良いでしょう。

都心に近い

長野県は、埼玉県や山梨県の隣にある地域であり、甲府市や秩父とも近いです。
そのために、長野から八王子や新宿に行くにも、2時間程度で到着します。
山梨県や埼玉県を経由して行く方法や、その他にも、新幹線を使う、長距離バスを使うなどでき、お金はかかりますが、思ったほど遠くはないです。
または中央本線があるので、さらに時間はかかりますが、八王子や新宿に行けます。

田舎なイメージもある長野は、意外にも主要都市は、バスや電車が多く、移動にはそれほど遠くはありません。
移住先として人気があり、移住したい地域のランキングでも2位となっており、そのために移住者は多いです。
作家などの方も移住しており、気温や雪のことを考えなければ、住みやすい地域と言えるでしょう。
自然が多い地域ならば軽井沢などがあり、都心部だと、長野市や松本市があります。

豊かな自然が魅力の「鎌倉~茅ケ崎エリア」を紹介

自然豊かで憧れのあるエリア

もともと鎌倉周辺のエリアは、神奈川県でも海沿いにある、自然豊かな地域です。
都心部で長らく暮らしていた人々が、都心に近く便利でありながらも、自然の多い場所として選んで、鎌倉や茅ヶ崎に移住して老後を暮らす人も増えています。
そのために、自然多い場所に人々が移住するようになると、自然は多いですが不便であった場所から、人が多くなるにつれて、便利な場所へと変化してきています。

またいわゆる湘南と呼ばれるようなこのエリアは、昔から移住先として憧れる人も多いです。
木々が溢れる山々があり、さらに海沿いであり海もあるような場所で、映画や小説の舞台になることもあるので、その影響もあるでしょう。
イメージとして、オシャレなエリアだと思うような人が多いのも、移住する人を呼び込む要因となっています。

自然多いエリア

昔は移住先としては、自然の多いようなエリアが人気であり、それは山梨や長野などがありました。
しかし、実際に住んでみると、自然は確かに多いですが、都心部から離れており、暮らすには車は必須となっており、移動にも時間がかかり、冬は都心よりも寒いです。
そんなことがあり、最近は、鎌倉などの都心に近い、湘南エリアが、移住先として人気です。

海や山のある自然豊かな地域ながらも、遠くても都心までは2時間もあれば到着します。
このために、住みながらも都心へも移動でき、買い物や遊びに行くにも便利です。
また、生活圏内でも、商業施設や医療施設、介護施設なども多くあり、これは都心に近いというメリットが生かされているでしょう。
都心部から離れるほど、生活に必要な施設も少なくなっていくので、いくら自然が多くても不便です。

しかも冬雪の降るような地域だと、気温が低く、移動するにも一苦労します。
そのようなことを考えると、鎌倉などは、冬はほとんど雪が降らず、雪の心配をする必要がありません。

便利な施設があり、都心へのアクセスがよい

都心に近い湘南エリアというと、車が無くても、買い物や医院などに行くことができ、近くにあれば歩いていくことも、または電車やバスを使って移動する事も出来ます。
やはり移住して生活するとなると移動がネックとなりますが、関東だとどこでも電車やバスがあるので、移動には苦労しないでしょう。

さらには都心にアクセスするにしても、電車が多く通っているので便利です。
湘南新宿ライナーや小田急線、江ノ電などがあり、神奈川県内に行くにも、東京都内に行くにも便利です。
海岸やレジャー施設もあるので、セカンドライフとして移住した後に、孫など家族を呼ぶにも便利であり、娯楽を楽しめます。
都心部に近いながらもアクセスが良く、自然も多いようなエリアです。

趣味をもつメリットについて紹介

人生を豊かにしてくれる

趣味はいろいろな種類がありますが、どのような趣味であっても、メリットとして自分の人生にプラスになります。
趣味は楽しいものであり、日々の楽しみになるのは間違いありません。
楽しくないとそれは苦痛となり、趣味とは言えないでしょう。

・知識や技術を深める

趣味を持つと、その事について、深く知っていくことでしょう。
インドアな趣味であれば知識を深めることができ、アウトドアな趣味であれば技術を深められます。
やはり趣味を持つと、その趣味を行うために、より知識を仕入れて深めていき、より深く接していくことになります。
知識や技術を深めるのみならず、趣味がそのまま仕事に繋がったり、大会に出て賞を狙うような人もいます。

・ストレスを解消できる

趣味はストレス解消にもなります。
好きなことに没頭することは、嫌なことを忘れて、ストレスを解消できるでしょう。
趣味があるからこそ、嫌なことがあっても、明日もまた頑張ろうという気になることもあります。
または趣味を楽しみにして、仕事などを行うことも出来るでしょう。

・人との繋がりが出来る

どのような趣味を行うかでも違ってきますが、多くの場合は人との繋がりが出来ます。
趣味を通じて同じ事を行ったり、同じ目的に向かって協力したり、または誰かから知識をもらうことも可能です。
特にネットを使うような趣味であれば、海外の人との繋がりも出来ます。
同じ趣味を持っている人であれば、その話題で盛り上がる事も出来ます。

人との繋がりのみならず、場合によってはコネも出来てきます。
コネクションによっては、自分にメリットのある人物となり、人生を楽しむのに大いに役立つでしょう。

時間とお金を使う

趣味を持つデメリットと言うと、時間とお金を使うことがあります。
手軽に出来る趣味だとそれほどではありませんが、没頭するような趣味や、よりこだわるような趣味であれば、時間もお金も使います。

・お金を使う

趣味はどのような事をするにしても、お金を使います。
手軽に始めるような初心者向けの趣味ではお金はかからないこともありますが、やはり続けるとお金を使います。
スポーツをするにしても道具が必要であり、音楽や映画鑑賞をするにもお金はかかります。

しかしさらにお金のかかる趣味もあり、オンラインゲームだと課金することとなり、アクアリウムなども多額のお金が必要です。

・時間を使う

趣味を行うには、何をするにも時間を使います。
息抜き程度の趣味だとそれほど時間は使いませんが、没頭すると1日中時間を使うようなこともあります。
度が過ぎていくと趣味にばかりお金を使い、日常生活に支障を来すほどもなり、それはすでに趣味の範疇を超えた状態になっています。