移住者を支援する「北九州市」エリアを紹介

移住者支援の街

50歳以上の方で、住みたい街ランキングの1位になったのが、福岡県にある北九州市です。
現在は人口は100万人足らずとなっており、医療や介護を充実させ、移住者の受け入れを積極的に行っています。
地方では移住者を歓迎する街も増えていますが、その1つが北九州市と言えるのです。

移住者向けのセミナーを開催する、お試しで住んでもらうなど、移住者の定住を支援しており、シニア世代を積極的に受け入れています。
移住者や定住を目指す人向けの北九州の情報サイトでは、暮らし全般情報、移住者へのインタビューなどを載せており、積極的に情報を発信しています。

また、病院も充実しており、介護施設も充実しているので、お世話になるシニア世代には、利用しやすい街になっています。
人口10万人あたりで考えると、病床数は日本で2番目に多く、50歳以上の世代には嬉しい設備となっているでしょう。
特に高齢になると、介護の問題が出てきます。
子供たちに負担をかけることもありますが、設備が整っている北九州市ならば、子供の手を借りなくても、生活が可能です。

シニア世代にとって住みやすい地域

関東と比べると、やはり九州は物価が安いので、生活レベルを保ちながらも、出費を抑えられます。
もちろん野菜や魚介類、肉などの食費を抑えられますが、スポーツクラブなどの施設を使うのも、関東よりも料金が安いので、お財布に優しいです。
商店街もあり、地元の食品も、安く購入することも可能です。
スポーツクラブで汗を流す、ゴルフクラブに行ってホールを楽しむなども出来ます。

またシニア世代となると、移住するならば、今住んでいる家を売って移住資金にするか、貯金から出すかなどの選択肢になるでしょう。
分譲でも賃貸でも、不動産を手に入れるには、シニア世代は年齢がネックになってきます。
しかし北九州市でも、シニア世代にも貸してくれる大家さんが多く、年齢を審査条件に入れていないこともあるので、高齢になっても賃貸物件を借りられます。

移住するのにあたっては、シニア世代でも気になるところは、友達や仲間が出来るかということでしょう。
1つの方法としては、自分の趣味に沿ったサークルに入ることが出来ます。
特に関東など遠くから、わざわざ北九州市に来るような方であれば、周囲は珍しがって、どうして北九州市に移住したのかと聞いてくれるので、友達や知り合いもすぐに作れます。
交流センターなどもあるので、そのような施設を利用しても良いかもしれません。
場合によっては、地方移住というと、本人たちの意向よりも、周囲が反対することがあるので、どんな生活がしたいのかビジョンがはっきりとあれば、その説得に苦労もしないでしょう。

地方都市として発展を続ける「愛媛県松山市」を紹介

物価が安い

愛媛県というと、四国にある地域であり、みかんが有名です。
地方にあるエリアであり、自然が豊かなのはもちろんですが、実は地方にあるおかげか、物価安くなっています。
47都道府県の中では、実は賃貸物件の家賃を見ると、47番目となっており、一番安い地域です。
東京よりも安いのはもちろんですが、神奈川や埼玉など関東圏と比べても、半分近くの金額です。
家賃はファミリー向けでも5万円ぐらいとなっており、物価も東京より安く、福岡より高いような地域です。

老後の移住先として考えるならば、物価は安い方が良く、地方都市はそのようなこともあり、人気があります。
特に地方としても機能を中央に集めたような構造が人気であり、ほどよく都会となっていながらも、自然もあります。
そんな地方都市として発展と続けるのが愛媛であり、関東にいるとあまり様子を聞くことはないですが、住みやすい場所です。
物価が安いので、生活レベルを保ったまま、支出を減らすことが可能です。
特にそのような構造になっているのが、愛媛でも松山市があり、人口は50万人を越えており、商業施設が中心にあり、路面電車が走っているので移動には困りません。

住みやすい気候

瀬戸内海の温暖気候のエリアとなっており、中国山地などもあるので、晴れの日が多く、また海も近いので空気が綺麗です。
冬は雪が積もることはほとんどなく、夏は台風も通過することも少なく、夏の暴風に悩まされる心配もありません。
山も近く、海も近いので、アウトドアが好きな人にとっては良いエリアでしょう。
冬は雪が降らないので、1年を通してアウトドアを楽しめます。

ただその反面、他のエリアへのアクセスはあまり良くありません。
どうしても、海に囲まれた島となっているので、広島方面に行くには、大三島や瀬戸大橋を使わないとなりません。
また松山空港が近いので、LCCを使うと、東京には1時間30分ぐらいで到着しますが、飛行機で頻繁に移動する人は、ビジネスマンなどを除き少ないでしょう。
その反面、四国内で過ごす人には住みやすく、移住後となれば仕事も終わっているので、出張もなく、住みやすいかもしれません。

海に面しており海や山が多い地域ですが、温泉も多い地域です。
有名な道後温泉もありますが、その他にも松山市から少し移動した場所には、沢山温泉があるので、温泉好きな方にはおすすめです。
もちろん宿泊でも利用できますが、日帰りでも利用することが出来るので、時間のあるときに好きなだけ温泉に入られます。
海が近く魚介類が美味しく、野菜も美味しく、果物もあり、安く手に入ります。
ほどよい都会となっており、しかも自然もあり、さらには物価も安いので、住みやすいエリアと言えるでしょう。

歴史風景を残しながら利便性にも優れた「府中エリア」を紹介

多摩川に面したエリア

府中は多摩川に沿った場所にあるエリアであり、小金井や国分寺など、中央本線の真ん中あたりにあり、東京23区外にはなりますが、新宿に近いエリアです。
川沿いの緩やかなエリアとなっており、ゆっくりと時間が流れ、里山の風景を今でも残す、自然の多い場所です。
田植えの季節には、用水路に水が溢れ、田園風景が続きます。
川沿いを散歩したり、またはランニングするのも気持ちよく、犬との散歩にも使えます。

府中には実は山があり、浅間山と言います。
山と言っても80mほどしか高さはなく、短い坂道の道のりには、クヌギなどの木があり、5月になると、自生するムサシノキスゲが花を咲かせます。
また、昔ながらの風景を残す。武蔵台の雑木林も散歩によい道となっており、コナラやアカマツなどの木が並びます。
散歩して、マイナスイオンに触れるのも良いでしょう。

また、65歳以上の方であれば、畑を無料で利用することができ、市民農園が開放されており、初心者でもボランティアの助けを借りて行えます。
移住後に、農業を行い作物を育てながら、のんびりと過ごす事も出来ます。

歴史風景が広がる

昔は国府が置かれており、江戸時代になると宿場町として栄え、文化が根付いた地域であり、その歴史建造物も多数あります。
歴史スポットとしては、東京5社の大國魂神社があり、参拝客でにぎわい、5月になるとくらやみ祭りが開催され、観光客でにぎわいます。

府中駅までの道のりには、けやき並木があり、日本では唯一天然記念物として認定されています。
祭りの時期になれば、けやき並木通りにも出店が並び、少し寒い時期ですが、多くの人でにぎわいます。
江戸時代からのコレクションを集めている、府中美術館もあり、歴史をかいま見ることが出来ます。
歴史を見ながら、その後はけやき並木を歩いても良いかもしれません。

アクセスの良いエリア

府中と言うと、何と言っても暮らしやすいことです。
駅周辺は再開発が進んでおり、伊勢丹などの商業施設が並び、国際通りには商店街が並び、昔ながらのお店であふれています。
駅前で買い物をしても、商店街で昔からあるお店に立ち寄るのも良いでしょう。
商店街を散策すれば、そのうちお気に入りのお店は見つかるかもしれません。
商業施設以外にも、医療機関も充実しているので、セカンドライフを送るにしても安心でしょう。

利便性の良いエリアでもあり、中央線や京王線があり、新宿方面や東京方面、八王子や立川方面にも、電車1本で、それほど時間がかからずに行けます。
また中央線であれば快速が通っているので、立川や新宿に、そのまま行くことが出来ます。
市内には巡回バスも走っており、出かけるのに役立ち、羽田空港へのバスもあるので便利です。