綺麗で健康な歯を!美しい歯を保つ方法

セカンドライフは歯が命

セカンドライフを充実させたいと思ったら、歯もとても大切なポイントです。
歯はあまり気を遣っていないという方もいるかもしれませんが、意外と周りの方から見られているポイントです。
歯が白くきれいに整っていると清潔感がありますし、より好印象になります。

セカンドライフでは様々な方と交流するという方もいるかもしれませんが、そうした時にもきれいな歯だと周りの方とのコミュニケーションもよりスムーズになるので、ぜひ気をつけてみることをお勧めします。

ここではきれいな歯を保つための方法についてご紹介します。
ぜひ参考にして、あなたの歯も健康で丈夫で美しい歯を保ってくださいね。

歯をきれいに保つ習慣をご紹介

歯をきれいに保つ習慣としてのまずひとつめは、あまりゴシゴシと歯をこすりすぎないということです。
歯磨きの際にはなるべくきれいに歯を磨こうと思うあまり、ゴシゴシと磨いてしまう方もいますが、これは実は逆効果になってしまうことがあります。

それよりも優しく磨くということを意識して歯磨きをする方が適度な力で磨くことができるので、ちょっとゴシゴシとこすりすぎていたという方は少し弱めにするようにしましょう。
歯ブラシも長持ちするようになるので一石二鳥のメリットがあります。

日頃からの食べものにも注意する必要があります。
特に酸が含まれている食べものを普段からよく食べているという方は、歯の表面にあるエナメル質を溶かしてしまっている可能性があるので、食べた後は歯を磨くなどをケアをする必要があります。

酸が含まれている代表的な食材としてはフルーツやビタミンCがたくさん含まれている食材です。
これらは健康に良いとされている食材で日常的に意識して摂っている方も多いと思いますが、もちろん健康に効果的ですが、歯の影響には気をつけておく必要があります。

ケアとしては歯磨きをする以外に水やお茶を後で摂るようにして、酸を中和するようにすると良いでしょう。

また、紅茶やウーロン茶などの色が濃い飲み物にも気を付ける必要があります。
これらは色素が歯に付着しやすい飲み物です。

日常的に飲んでいるという方は、少しずつ色素が積み重なり、気が付いたら歯が黄ばんでしまっていたということにもなってしまうので気をつけておく必要があります。
特に長期間で付着してきた色素はなかなか歯磨きなどでも取ることができないことがあります。

なるべく適度に飲むようにすることを意識するのに加えて、必要があれば歯科医院で色素を落としてもらうと良いでしょう。
一度落として、そこから新たに始めるのもひとつの方法です。

歯をきれいに保って人生をさらに楽しもう

以上、歯をきれいに保つ方法をご紹介してきました。
ぜひ意識してみてくださいね。

健康管理にこれ!美味しくて健康にも良い飲み物

健康管理に効果的な飲み物とは

年齢を重ねてくると段々と健康に気を遣う方も増えてきますが、こだわると良いのが飲み物です。
飲み物は普段から何かの合間などに飲んでいるという方も多いですが、つい甘いドリンクなどを飲んだり、コーヒーなどを飲んだりしがちです。

ですが、より年齢を重ねても元気でいたいと思ったら、健康に良い飲み物を飲むと良いでしょう。
日々継続して飲むことであなたの体もイキイキとしてきて、毎日をさらに充実したものにすることができます。

健康も飲み物からです。
ここではお勧めの健康に効果的な飲み物をご紹介します。
あなたの生活にも取り入れてみてくださいね。

健康に良い飲み物をご紹介

健康に良い飲み物としてのまずひとつめは、水です。
意外と思われるかもしれませんが、水は健康にとても効果的な飲み物なのです。
純粋なきれいな水には栄養分は入っていませんが、これが逆に効果的なのです。

人の体の7割から8割は水分でできています。
そのため、人にとって水分はとても大切な成分なのです。

水分は日々失われており、汗などでどんどん発散されています。
つまり、水分補給を十分にしないと人は常に水分が不足している状態なのです。

多くの方が一日に必要な水分を補給できていませんが、そうすると体外に老廃物や毒素などの成分が排出されにくくなってしまいます。

老廃物などは尿などで排出されますが、水分を摂っていないと十分に尿として排出されない状態になってしまうのです。
その結果、老廃物や毒素がいつまでも体内に残り、それが様々な病気などをもたらす原因になってしまいます。

特に、年齢を重ねてくるとこうした毒素などからの影響も体の抵抗力が弱まっているため受けやすくなってしまっています。
そのままにしておくと大きな病気に繋がってしまう可能性も無い訳ではないので、十分気をつけておきましょう。

みずはまずは飲める量から飲んでいくと良いでしょう。
最初は500mlのペットボトルなどから始めて、そこから徐々に増やし、最終的には2リットルほどを1日で摂れると理想的です。

必要があれば浄水器を購入するのもお勧めです。浄水器ならペットボトルの水を購入しなくても良いのでとても経済的です。
水道水は不純物などが含まれているので、そのまま飲むことはあまりお勧めはしません。

水を飲んで健康になろう

以上、健康に効果的な水についてお伝えしてきました。
意外と思われるかもしれませんが、まずは水分をしっかりと補給して、体内に溜まっている毒素などは排出していくことがとても大切です。

ぜひ定期的に飲んで、あなたの健康づくりに役立ててみてくださいね。
また、栄養分などが追加された水よりも、純粋な浄水器を通した水などの方が良いので、水を選ぶ際にも気をつけてくださいね。

エンディングノート活用方法

エンディングノートを活用しよう

終活をさらに良いものにしてくれるのに効果的なツールがエンディングノートです。
これはイメージとしては、遺書をより具体的にしたものという感じのノートです。

自分が亡くなった時に備えて、家族や周りの方に伝えるべきことをまとめておくのがその役割ですが、なかなか活用の仕方が分からないという方も多くいます。

そこでここでは、エンディングノートの活用法についてご紹介したいと思います。
参考にして頂くことでエンディングノートをさらに活用することができ、より良い終活ができるようになるはずです。

エンディングノートの活用法をご紹介

エンディングノートにはカテゴリーに分けて必要なことを記入しておくことをお勧めします。
ひとつめとしては認知症になった時です。

認知症は最近では多くの方に起こる可能性がある病気で、症状が大きくなるとついさっき起こったことや周りの身近な方の名前まで忘れてしまうことがあります。
そうなった時のためにあらかじめ準備し書き留めておくことで、周りの方もスムーズに対応していくことができます。

また、同じく高齢になると起こることがあるのが介護です。
介護をどのように受けるかということはなかなか事前には伝えにくいことです。

これもエンディングノートに書き留めておくと良いでしょう。
合わせて医療関連のことについても書き留めておきましょう。

特に、重い病気になってしまった時のことは具体的に書いておくと良いでしょう。
延命措置や病名を伝えて欲しいかなど、周りの方が相談して気を遣ってくれることもありますが、本人の希望とずれてしまっている場合があります。

これを避けるためにも、あらかじめどのように対応して欲しいかを書いておきます。
詳しく具体的に書いておくことで周りの方も迷うことがなくなるので、なるべくイメージしながら書くことをお勧めします。

葬儀のことについておきましょう。
どのように葬儀を行なって欲しいか、呼んで欲しい方や連絡して欲しい方などを書いておくことで希望の葬儀を行なってもらうことができます。

また、周りの方のことを考えて、必要ないことも書いておくと良いでしょう。
あまり気を遣ってもらわなくていいということを書いておくことで、周りの方へも配慮をすることができます。

相続についても

これは遺書でも書くことが多いですが、相続についても書いておくと良いでしょう。
どのように遺産を分配するかという点については時には話がまとまりにくいこともあるので、事前にしっかり決めておくことをお勧めします。

こうした形でエンディングノートを活用すると、よりスムーズに最期の時間を迎えることができるはずです。
ぜひ準備していきましょう。