琴、三味線、二胡など…伝統楽器にふれてみる

伝統楽器は魅力がたくさん

セカンドライフを楽しむための趣味として、伝統楽器もお勧めです。
昔は人の前に立って楽器を演奏していたという方や、今でも周りの方の前で目立ちたいという方もいるのではないでしょうか。

伝統楽器には様々な物があり、事や三味線、二胡など、多彩なものがあります。
こうしたものを弾けるようになることで、あなたも周りの方に演奏を披露することができるようになります。

あなたの演奏会を開くことで周りの方にも注目してもらうことができますし、楽器の演奏技術を上達させる楽しみもあります。
比較的取り組みやすい楽器も多いので、ぜひ始めてみるのもお勧めです。

伝統楽器を始めるには

伝統楽器を始めたいと思ったら、まずは教室に通うのがお勧めです。
伝統楽器を専門的に教えているスクールはあまり多くなく、県や市が教室を開いていることがあります。

こうした教室に参加するのがまずはお勧めです。
比較的年齢が高い方も多いことが多いので、スムーズにその場に馴染んでいくことができるはずです。

教室ではこれから始める方にも分かりやすいように丁寧に教えてもらえるので、日本の本格的な伝統楽器を無理なく習得することができます。
まずは基本的な弾き方を覚えて、そこからまずは簡単な一曲をマスターするという流れが多いです。

シンプルに弾ける一曲をマスターすることでそれが自信になり、さらに次に繋がっていくということは多いです。
こうした徐々にステップアップすることでより難しい曲も弾けるようになります。

三味線は弦を使った楽器で、その和風の渋みのある音色がとても魅力的ですし、琴は女性らしい雰囲気が感じられる楽器として人気です。

こうした日本の伝統楽器はバイオリンやトランペットなど、西洋の楽器とはまた違った魅力を持っており、弾きこなせる方も少ないので、弾けるようになると周りの方からも注目してもらえるようになります。

時には演奏や周りの方への指導をお願いされるようになることもあるので、興味がある方はぜひ取り組んでみるのもお勧めです。

県や市の教室の場合は比較的安価に始められることも多いので、費用負担も軽くて済みます。
楽器も最初はレンタルや教室の中で借りられる仕組みになっていることが多いので、負担なく始めることができます。
そこから慣れてきて自分の楽器が購入したいと思ったら購入すると良いでしょう。

追求していく楽しみも

伝統楽器は追求していくとさらに魅力的な音色を奏でることができるので、ぜひ追求してみるのもお勧めです。
追求することでさらに伝統楽器への興味や楽しさも大きくなり、今後も続けられる趣味になってくれるはずです。

男性にも女性にもお勧めなので、ぜひ興味のある楽器で始めてみてくださいね。

About the Author

master