エンディングノート活用方法

エンディングノートを活用しよう

終活をさらに良いものにしてくれるのに効果的なツールがエンディングノートです。
これはイメージとしては、遺書をより具体的にしたものという感じのノートです。

自分が亡くなった時に備えて、家族や周りの方に伝えるべきことをまとめておくのがその役割ですが、なかなか活用の仕方が分からないという方も多くいます。

そこでここでは、エンディングノートの活用法についてご紹介したいと思います。
参考にして頂くことでエンディングノートをさらに活用することができ、より良い終活ができるようになるはずです。

エンディングノートの活用法をご紹介

エンディングノートにはカテゴリーに分けて必要なことを記入しておくことをお勧めします。
ひとつめとしては認知症になった時です。

認知症は最近では多くの方に起こる可能性がある病気で、症状が大きくなるとついさっき起こったことや周りの身近な方の名前まで忘れてしまうことがあります。
そうなった時のためにあらかじめ準備し書き留めておくことで、周りの方もスムーズに対応していくことができます。

また、同じく高齢になると起こることがあるのが介護です。
介護をどのように受けるかということはなかなか事前には伝えにくいことです。

これもエンディングノートに書き留めておくと良いでしょう。
合わせて医療関連のことについても書き留めておきましょう。

特に、重い病気になってしまった時のことは具体的に書いておくと良いでしょう。
延命措置や病名を伝えて欲しいかなど、周りの方が相談して気を遣ってくれることもありますが、本人の希望とずれてしまっている場合があります。

これを避けるためにも、あらかじめどのように対応して欲しいかを書いておきます。
詳しく具体的に書いておくことで周りの方も迷うことがなくなるので、なるべくイメージしながら書くことをお勧めします。

葬儀のことについておきましょう。
どのように葬儀を行なって欲しいか、呼んで欲しい方や連絡して欲しい方などを書いておくことで希望の葬儀を行なってもらうことができます。

また、周りの方のことを考えて、必要ないことも書いておくと良いでしょう。
あまり気を遣ってもらわなくていいということを書いておくことで、周りの方へも配慮をすることができます。

相続についても

これは遺書でも書くことが多いですが、相続についても書いておくと良いでしょう。
どのように遺産を分配するかという点については時には話がまとまりにくいこともあるので、事前にしっかり決めておくことをお勧めします。

こうした形でエンディングノートを活用すると、よりスムーズに最期の時間を迎えることができるはずです。
ぜひ準備していきましょう。

事前の準備が大事!自分が入るお墓について考える

お墓は第三の人生

老後は第二の人生と言われますが、亡くなってから入るお墓は、第三の人生とも言えるような新しい住まいです。
亡くなってからではお墓は購入することができないので、必ず事前に購入しておく必要があります。

お墓はあまりチェックしたことがない方も多いかもしれませんが、実際に見てみると比較的高い金額のものが多いことが分かります。
やはり亡くなってからの家になるものなので、しっかりとしたものを購入しておく方が安心ではあります。

ここではお墓を検討する際のポイントについてご紹介していきます。
前もって考えておくことで、よりあなたのこれからの人生をスムーズに生きることができるはずです。

お墓について考える際のポイント

お墓について考える時には様々なポイントがありますが、まず考えたいのが誰と一緒にお墓に入るのかということです。
お墓は誰かと一緒に入ることが多いです。

家柄や家庭の事情など、それぞれに状況があると思いますが、そうした事情を踏まえて誰と一緒に入るのかを決めておくことが大切です。

日本では家族で一緒に入るのが一般的です。
海外では一人一人がひとつのお墓に入るという形の場合も多いので、これは国によって異なるので、あなたがベストと考える入り方で入ると良いでしょう。

お墓の場所選びもとても大切になります。
お墓をどこに立てるかは、あなたの第三の人生を過ごす場所を決めるということでもあります。

なるべく雰囲気や空気が良い所に立てると良いでしょう。
ここが良いと思った所に決めると共に、これも家庭の事情があればそれも考慮して選ぶことをおすすめします。

一度お墓巡りをしてみるのも良いかもしれません。
当たり前ですが、心霊スポットを巡る訳ではなく、今後あなたのお墓を立てるならどこが良いのかをじっくりと検討していきましょう。

まだあまり実感が湧いてこないかもしれませんが、事前に準備をしておくことはとても大切なのです。

また、お墓のデザインも大切です。
最近は様々なタイプのお墓が登場してきており、従来の墓石のようなスタイルの他にもヨーロッパスタイルのお墓にする方もいます。

価値観も多様化してきているので、あなたに合ったお墓を選ぶと良いでしょう。
やはり納得のいくお墓を選んだ方が、いざ入る時になった際にも抵抗なく入ることができるはずです。

こだわってお墓を選ぼう

このように、お墓を選ぶ時には気を付けるべきポイントも沢山あります。
ぜひこうしたポイントを押さえて、こだわってお墓を選んでみてくださいね。

終活の中でもとても大きな準備と言えるので、優先して考えておくこともとても大切です。
前もって準備ができていると、心に余裕も作りやすくなりますよ。

亡くなった後のことまで考えていますか?

あなたが亡くなるとどうなるのか

最近注目されていることのひとつに終活があります。
これは、人生の中での最後のイベントとも言える死をどのように迎えるかという準備をするための活動のことを指します。

あなたは自分が亡くなった時のことを考えたことはあるでしょうか。
少し考えてみると分かりますが、あなたが亡くなるとあなたの人生はそれで終わりになりますが、あなたの家族や大切な人はまだそのまま残される形になります。

自分は死ぬのだから後はどうにでもして欲しいという考えの方がこれまでは多い傾向にありました。
もしくは、あらかじめ考えている方もあまり注目はされてこなかったという状況でした。

こうした考えが最近は変わってきて登場してきたのが終活という言葉です。
これによってより最後のタイミングへの準備をする必要があるという意識が高まり、近年注目されています。

やはり自分がいなくなった後も、大切な方には幸せに過ごして欲しいという方は多く、しっかりと終活をする方も増えてきています。

費用についても考えておこう

最近は終活に関する情報も少しずつ多くなってきており、様々な方に合わせた終活の方法が提案されてきています。

そのため、終活といっても何をすれば良いのか分からない、自分の場合はどうすれば良いのか分からないという方にも安心して終活を始められる環境が出来上がりつつあります。

終活で気になる方が多いのが費用ですが、費用についてもそれぞれの方に合わせて選べるようになってきています。

今後も終活に関する情報は増えていくことが予想されており、終活市場も様々なサービスが登場することが予想されています。

そのため、こうしたサービスを日々チェックする中であなたに必要だと思えることを行なっていくと良いでしょう。
終活は就活のように期限を短く区切って行なうものではありません。

いつも終活について考える必要もなく、時間がある時に考えてみるということをまずは行なうことをお勧めします。
死を迎える時までに準備ができれば良いので、じっくりと行なっていきましょう。
また、葬儀の費用についてはこちらが参考になります。

参考:葬儀に必見 ! お葬式の知識と総額費用【葬儀のミカタ】

こちらのサイトも参考に

当サイトでも終活に関する情報を定期的に配信しているので、ぜひ参考にしてもらえたらと思います。
終活に関して役立つ情報をまとめて配信しているので、読んで頂くことであなたのこれからに役立つはずです。

また、読んだだけでなく、行なって準備を始めることで読んだ意味があると言えます。
読んだ方はぜひ準備を進めることを前提として読み進めてもらえたらと思います。

終活をきちんとしておくとふいに最後のタイミングを迎えた時にも、ああ良かった、終活は終わっていると思えるはずです。
悔いのない人生を過ごすためにも、ぜひ終活をして欲しいと思います。

ちなみに就活は就職活動の略ですが、終活は略語ではありません。