遺言書の正しい書き方とは?

遺言の種類を知っておく

遺言はその人の家族や残された人への思いを伝えるために重要な文書ですし、何より遺産をトラブルなく分割するために役立つものとなります。
しかし、遺言は法律文書でもありますので、正しい仕方で遺言を作成しないと、効力がなくなってしまって意味のないものとなってしまいます。
遺言を作ろうと思い立ったら、こうした法律的なことも調べておきましょう。

まず、遺言にはいくつかの種類があるということを覚えておくことが大切です。
主に三つのタイプがあり、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言となります。

タイプごとに求められることが異なる

自筆証書遺言は、自分で書くタイプの文書であり、ワープロ打ちは認められておらず、自筆で書く必要があります。
遺言の内容の他に、署名、捺印、証書を作成した日付などを記しておくことが求められます。
公的に遺言の真正性が証明されていませんので、遺族は自筆証書遺言の場合は、家庭裁判所などに持って行って検認してもらう必要があります。

公正証書遺言は、公証役場に行って公証人に遺言を作成してもらうというものです。
法的に認められた公証人が文書を作成してくれますので、遺言の証明という点では一番信頼度が高く確実です。
単に文書を作成するだけでなく、遺言を作る際のアドバイスもしてくれますので、トラブルを避けるために最適な文書を遺せるというメリットがあります。

そして、秘密証書遺言とは、自筆証書遺言を公証人の元に持って行ってそれを証明してもらうというものです。
自分で作成した遺言となりますが、公証人のお墨付きがありますので、やはり確実性が高くしっかりとした法律的な後ろ盾があるというメリットが生まれます。
この場合は、自筆ではなくパソコンで作成しても構いません。

遺言の内容ははっきりと明確にしておく

遺言の総合的な内容については特に細かい規定はありませんが、遺産分割の内容については、しっかりと明確にしておく必要があります。
貯金や不動産などをどのように分けるかについては、それぞれの項目について分けて書き、何を誰に渡すかを明記します。
その際には、氏名をフルネームで書くことや、その人が長男なのかなどの関係性も書いておくと間違いが生じません。

さらに、株式などの細かな遺産については、金額やパーセンテージで分けるのではなく、銘柄名をはっきりと記載するなどして、あいまいな解釈が入り込まないようにすることが重要です。
細かな点まで、きちんと明確な文章にして残すことで、誰が見てもはっきりとした故人の遺志を確認できますので、後々のトラブルを回避することにつながります。
もちろん、遺産分割だけでなく家族に遺したい気持ちや考えを文書に残すことも可能です。

後のトラブル回避、やっておくべき生前準備とは?

遺産の分配について考えておく

家族が亡くなることによって、遺族の間でトラブルが生じてしまい、家族の仲が悪くなってしまうというのは悲しいことですが、現実にはよくあることです。
そのため、いつまでも残された家族が仲良くいられるためにも、生前にいろいろな点を考えて、トラブルを避けられるようにしましょう。

生前準備をすることによって、遺族の間に生じかねないトラブルを避けられる要素はいくつかありますが、一番はやはり遺産相続についてです。
遺産として残せるものが現金であろうと不動産であろうと、はっきりとした公平な遺産分割ができないと、遺族の間でトラブルに発展する可能性が高くなります。
しかし、生前にきちんと納得のいく遺言を残しておけば、ある程度の不満があるとしても故人の遺志を尊重しようとしますので、トラブルを避けることができるようになります。

遺産相続についてトラブルを起こさないためにも、遺言に関する法律上の事柄をしっかりと学んで、法律的に問題のないような遺言を残すことが肝心です。
たとえば、すべての子どもや配偶者には遺留分という法律で定められた遺産相続の割合があり、いくら遺言で誰かにすべての遺産を相続させようとしても、この遺留分の規定を無視することはできません。
事前にこうした法律のことを知っていれば、後々面倒な問題を引き起こすような遺言の内容を作らずに済みますので、遺言を作るにあたって勉強する事も大事です。

葬儀の準備を始めておく

遺族にとって大変なことの一つは、葬儀の準備です。
様々な行政上の手続きをしなければならない中、葬儀会社との話し合いや、親族や知人などへの連絡など、たくさんのやるべきことがありますので、遺族にとってはかなりの負担となります。
愛する家族が亡くなってただでさえ精神的な痛手を受けているのに、さらにこうした負担がかかると、大きなストレスとなってしまうことがあります。

そこで、事前に葬儀についての準備を進めておくことができます。
現在ではほとんどの葬儀会社で、生前でも葬儀の準備や契約ができるようになっていますので、かなり細かいところまで葬儀の内容を詰めることができますし、費用の面でも決めておくことができます。
事前に葬儀の準備をしておくことで、遺族の負担を減らすということと共に、自分の好みの葬儀にしてもらうことができるというメリットもあります。

お墓の準備をしておく

トラブルの元になるものとして、お墓をどうするかという点もあります。
お墓を建てるというのは、かなり費用がかかるものですし、どこにお墓を建てるかなどで家族の中でも揉めることがあるからです。

そこで、事前に自分の気持ちをはっきりとして、お墓を建て始めることもできます。

エンディングノート活用方法

エンディングノートを活用しよう

終活をさらに良いものにしてくれるのに効果的なツールがエンディングノートです。
これはイメージとしては、遺書をより具体的にしたものという感じのノートです。

自分が亡くなった時に備えて、家族や周りの方に伝えるべきことをまとめておくのがその役割ですが、なかなか活用の仕方が分からないという方も多くいます。

そこでここでは、エンディングノートの活用法についてご紹介したいと思います。
参考にして頂くことでエンディングノートをさらに活用することができ、より良い終活ができるようになるはずです。

エンディングノートの活用法をご紹介

エンディングノートにはカテゴリーに分けて必要なことを記入しておくことをお勧めします。
ひとつめとしては認知症になった時です。

認知症は最近では多くの方に起こる可能性がある病気で、症状が大きくなるとついさっき起こったことや周りの身近な方の名前まで忘れてしまうことがあります。
そうなった時のためにあらかじめ準備し書き留めておくことで、周りの方もスムーズに対応していくことができます。

また、同じく高齢になると起こることがあるのが介護です。
介護をどのように受けるかということはなかなか事前には伝えにくいことです。

これもエンディングノートに書き留めておくと良いでしょう。
合わせて医療関連のことについても書き留めておきましょう。

特に、重い病気になってしまった時のことは具体的に書いておくと良いでしょう。
延命措置や病名を伝えて欲しいかなど、周りの方が相談して気を遣ってくれることもありますが、本人の希望とずれてしまっている場合があります。

これを避けるためにも、あらかじめどのように対応して欲しいかを書いておきます。
詳しく具体的に書いておくことで周りの方も迷うことがなくなるので、なるべくイメージしながら書くことをお勧めします。

葬儀のことについておきましょう。
どのように葬儀を行なって欲しいか、呼んで欲しい方や連絡して欲しい方などを書いておくことで希望の葬儀を行なってもらうことができます。

また、周りの方のことを考えて、必要ないことも書いておくと良いでしょう。
あまり気を遣ってもらわなくていいということを書いておくことで、周りの方へも配慮をすることができます。

相続についても

これは遺書でも書くことが多いですが、相続についても書いておくと良いでしょう。
どのように遺産を分配するかという点については時には話がまとまりにくいこともあるので、事前にしっかり決めておくことをお勧めします。

こうした形でエンディングノートを活用すると、よりスムーズに最期の時間を迎えることができるはずです。
ぜひ準備していきましょう。