趣味をもつメリットについて紹介

人生を豊かにしてくれる

趣味はいろいろな種類がありますが、どのような趣味であっても、メリットとして自分の人生にプラスになります。
趣味は楽しいものであり、日々の楽しみになるのは間違いありません。
楽しくないとそれは苦痛となり、趣味とは言えないでしょう。

・知識や技術を深める

趣味を持つと、その事について、深く知っていくことでしょう。
インドアな趣味であれば知識を深めることができ、アウトドアな趣味であれば技術を深められます。
やはり趣味を持つと、その趣味を行うために、より知識を仕入れて深めていき、より深く接していくことになります。
知識や技術を深めるのみならず、趣味がそのまま仕事に繋がったり、大会に出て賞を狙うような人もいます。

・ストレスを解消できる

趣味はストレス解消にもなります。
好きなことに没頭することは、嫌なことを忘れて、ストレスを解消できるでしょう。
趣味があるからこそ、嫌なことがあっても、明日もまた頑張ろうという気になることもあります。
または趣味を楽しみにして、仕事などを行うことも出来るでしょう。

・人との繋がりが出来る

どのような趣味を行うかでも違ってきますが、多くの場合は人との繋がりが出来ます。
趣味を通じて同じ事を行ったり、同じ目的に向かって協力したり、または誰かから知識をもらうことも可能です。
特にネットを使うような趣味であれば、海外の人との繋がりも出来ます。
同じ趣味を持っている人であれば、その話題で盛り上がる事も出来ます。

人との繋がりのみならず、場合によってはコネも出来てきます。
コネクションによっては、自分にメリットのある人物となり、人生を楽しむのに大いに役立つでしょう。

時間とお金を使う

趣味を持つデメリットと言うと、時間とお金を使うことがあります。
手軽に出来る趣味だとそれほどではありませんが、没頭するような趣味や、よりこだわるような趣味であれば、時間もお金も使います。

・お金を使う

趣味はどのような事をするにしても、お金を使います。
手軽に始めるような初心者向けの趣味ではお金はかからないこともありますが、やはり続けるとお金を使います。
スポーツをするにしても道具が必要であり、音楽や映画鑑賞をするにもお金はかかります。

しかしさらにお金のかかる趣味もあり、オンラインゲームだと課金することとなり、アクアリウムなども多額のお金が必要です。

・時間を使う

趣味を行うには、何をするにも時間を使います。
息抜き程度の趣味だとそれほど時間は使いませんが、没頭すると1日中時間を使うようなこともあります。
度が過ぎていくと趣味にばかりお金を使い、日常生活に支障を来すほどもなり、それはすでに趣味の範疇を超えた状態になっています。

生前予約で理想の葬儀を実現

生前に葬儀の予約することにはいろいろなメリットがある

葬儀の形が多様化している中、現在では多くの人が生前に自分の葬儀をどのようにするかを決めて、葬儀会社と契約をしておくケースが増えています。
葬儀会社でもこうしたニーズを受けて、生前に葬儀の内容を細かく想定して決められるようにしていますし、費用や作業一切の内容を文書に残す形で契約することができるようにしています。

こうした生前の葬儀予約にはたくさんのメリットがあります。
まず、遺族に大きな負担をかけずに済むという点が挙げられます。
家族の誰かが亡くなると、ご遺族はかなりの負担を抱えることになります。

家族の死という心の苦しみと同時に、いろいろな届け出や連絡などの作業が出てきますので、精神的なストレスは大変なものがあります。
それに加えて葬儀の一切を決めなければならないとなると、短期間のうちにたくさんのことをしなければならなくなってしまい、体力的にもきつい状態になります。
また、葬儀にはそれなりのお金がかかるものですので、経済的な負担がかかってしまうのです。

しかし、生前に葬儀をどのようにするかを決めておき、葬儀会社との契約をしておけば、遺族はなすべきことがかなり少なくなりますので負担が軽減します。
また、葬儀の費用をあらかじめ負担しておくことで、遺族への経済的な負担もかけずに済みます。

自分のやりたいように葬儀ができるというメリットもある

生前の葬儀予約をしたいというニーズの中には、自分の好きなように葬儀を執り行えるという理由もあります。
自分が趣味としたことや、生きがいにしていたことをテーマにして、従来の形にこだわらない自由な葬儀とすることができるのです。

好きな音楽をかけたり、趣味で撮っていた写真や絵画などを葬儀場に飾ったりと、好きなように葬儀をプロデュースできます。
葬儀会社の人と相談して、細かなところまで計画を練ることができますので、自分の望むような葬儀にできるのが魅力です。

生前予約をする際の注意点

理想の葬儀ができるというメリットがある生前予約ですが、いくつかの注意点もあります。
その一つは、家族や菩提寺としっかりと話しておくということです。
一般的な葬儀の形であればさほど問題がありませんが、音楽葬などの個性的なものにする場合には、家族の反対に遭うこともありますので、事前に自分の希望を伝えておくことが肝心です。

もう一つは、信頼できる葬儀社を選ぶということです。
契約していて支払いもしているのに、その契約を履行しなかったり、倒産してしまったりというのでは意味がありません。
生前予約についての実績があり、高い評価を受けている信頼できる会社を選ぶことで理想の葬儀を間違いなく行えます。

遺言書の正しい書き方とは?

遺言の種類を知っておく

遺言はその人の家族や残された人への思いを伝えるために重要な文書ですし、何より遺産をトラブルなく分割するために役立つものとなります。
しかし、遺言は法律文書でもありますので、正しい仕方で遺言を作成しないと、効力がなくなってしまって意味のないものとなってしまいます。
遺言を作ろうと思い立ったら、こうした法律的なことも調べておきましょう。

まず、遺言にはいくつかの種類があるということを覚えておくことが大切です。
主に三つのタイプがあり、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言となります。

タイプごとに求められることが異なる

自筆証書遺言は、自分で書くタイプの文書であり、ワープロ打ちは認められておらず、自筆で書く必要があります。
遺言の内容の他に、署名、捺印、証書を作成した日付などを記しておくことが求められます。
公的に遺言の真正性が証明されていませんので、遺族は自筆証書遺言の場合は、家庭裁判所などに持って行って検認してもらう必要があります。

公正証書遺言は、公証役場に行って公証人に遺言を作成してもらうというものです。
法的に認められた公証人が文書を作成してくれますので、遺言の証明という点では一番信頼度が高く確実です。
単に文書を作成するだけでなく、遺言を作る際のアドバイスもしてくれますので、トラブルを避けるために最適な文書を遺せるというメリットがあります。

そして、秘密証書遺言とは、自筆証書遺言を公証人の元に持って行ってそれを証明してもらうというものです。
自分で作成した遺言となりますが、公証人のお墨付きがありますので、やはり確実性が高くしっかりとした法律的な後ろ盾があるというメリットが生まれます。
この場合は、自筆ではなくパソコンで作成しても構いません。

遺言の内容ははっきりと明確にしておく

遺言の総合的な内容については特に細かい規定はありませんが、遺産分割の内容については、しっかりと明確にしておく必要があります。
貯金や不動産などをどのように分けるかについては、それぞれの項目について分けて書き、何を誰に渡すかを明記します。
その際には、氏名をフルネームで書くことや、その人が長男なのかなどの関係性も書いておくと間違いが生じません。

さらに、株式などの細かな遺産については、金額やパーセンテージで分けるのではなく、銘柄名をはっきりと記載するなどして、あいまいな解釈が入り込まないようにすることが重要です。
細かな点まで、きちんと明確な文章にして残すことで、誰が見てもはっきりとした故人の遺志を確認できますので、後々のトラブルを回避することにつながります。
もちろん、遺産分割だけでなく家族に遺したい気持ちや考えを文書に残すことも可能です。