孫と一緒に楽しめる趣味とは?

手を動かして楽しめるけん玉

セカンドライフに趣味を持つのはとてもいいことですが、シニア世代はついつい自分の好きなことにはまってしまって、周りのことを忘れてしまうという傾向があります。
しかし、趣味として孫と一緒に楽しめるものを見つければ、自分だけでなく孫と一緒に時間を過ごすことになります。
誰かと一緒に楽しめる時間があると、さらに老後の時間は充実することになりますので、自分も孫のどちらも楽しくできることを見つけましょう。

いろいろなものがありますが、その一つにけん玉遊びが挙げられます。
日本の昔からの遊びですが、今や世界中にたくさんの愛好家がいて、世界大会が開かれるほどの遊びとなっています。
プロの技ともなれば、すでに遊びの領域を超えていて、まさに芸術とも言えるような動きを見せてくれます。

けん玉は道具一つあればどこでもできますし、小さな子どもでもシニアでも気軽に始められる遊びですので、孫と一緒にするには最高です。
単純そうに見えますが、いろいろ技もあって奥が深いので長く続けられるのもメリットです。

紙飛行機を究めてみる

簡単そうで奥が深いのが紙飛行機作りです。
誰でも子どもの頃に作ったことがある紙飛行機は、紙さえあれば簡単に誰でもできるので趣味というほどのものではないと思う人も多くいますが、その実究めようとすると、とても奥が深く楽しいものなのです。
飛行機を作るためには、たくさんの折り方があって、その折り方によって飛距離や飛び方がかなり変わってきます。

また、より遠くまで飛ばすための形や、滞空時間が長い構造を探すのも楽しいですし、どのくらい大きな飛行機を作れるかということに挑戦してみるのもいいでしょう。
子どもでも楽しく作れるものですし、いろいろ研究をしながら続けていくのも趣味として良く、一緒に楽しめるのが何よりの魅力と言えます。

レゴを孫と一緒に楽しく

子どもの遊びとして人気があるのがレゴですが、実は大人用のレゴというのも存在します。
本格的な街や家をレゴで作れるようになっていて、かなり緻密な作りになっています。
こだわりを込めて、いろいろな建物などを作ることができますので、セカンドライフの趣味としても適っていますし、もちろん子どもも楽しいので、孫と一緒にできるという魅力があります。

いろいろな大人用のレゴがありますが、まずは小さ目の家を作るタイプから始めてみると良いでしょう。
レゴ作りに慣れてきたら、少しずつ大きなもの、より細かな作業が必要とされるものにしていくことができます。
たくさんのパーツがあって組み合わせも変えられますので、頭を使いますし、体を動かしながら組み立てていきますので、脳と体の活性化にもつながります。

和歌をたしなみ和心を堪能しよう

日本人には欠かせないものだった和歌

日本の文化を形作り、日本人の心の根底となっているものはたくさんありますが、その一つに和歌があります。
現在では和歌を詠むという人はかなり少なくなっていますが、昔は和歌を詠むというのは、日常生活にかなり密着したものだったからです。
高尚な趣味と言うよりは、毎日の生活の中で、自分の心を表現するための手段として普通のものでした。

たとえば、異性に自分の想いを伝えるために和歌を詠むというのは当然のことで、その出来に応じて相手が応えてくれるということもありました。
時代と階層によっては、和歌を詠めないと恋愛もままならなかったのが日本なのです。
また、辞世の句を詠んでいたように、自分の人生を表現するという大きな場面でも和歌は欠かせないもので、人生の節目節目で和歌というのは非常に重要な役割を果たしてきました。

このように、和歌は単なる趣味というだけではなく、日本人の心の根底にあるものを思い出させてくれるとても重要な手段でもあります。
そのため、和歌を学び、セカンドライフの趣味の一つとすることによって、人生を充実させ、日本人としての感性を磨くことができるようになります。

三十一文字の中に心を込める

和歌は、三十一文字、5・7・5・7・7の中に自分の気持ちを込めて表現するという、とても高度な詩です。
いかに日本語に通じている日本人であっても、この短い文章の中に、いろいろな気持ちを表現するというのは難しいことで、初めて行う人には技術習得が求められます。
そのため、和歌をセカンドライフに始めたいというのであれば、独学でも良いのですが、できるだけ和歌の先生の元に通って、基本的なことから教わるのがベストです。

俳句のようには短くなく、季語も必要としませんので一般的には自由度が高いとされていますが、実際にやってみると悩むばかりでなかなかいい歌が出てきません。
また、うまくまとめることができたとしても、どのようにしたら美しく、自分の心を巧みに表現した歌とできるのかは、やはりプロの指導がないと難しいものです。

歌会などに参加する楽しみもある

和歌の作り方にも慣れて、自分の心を思うように表現できるようになれば、歌会に参加するという楽しみもあります。
いろいろなところで和歌愛好家が集まって、料理を楽しみながらそれぞれ和歌を詠んで時間を過ごすという会が開かれています。
自分の歌を披露する場ともなりますし、仲間との交流を楽しむ時間ともなってセカンドライフを充実させるのに役立ちます。

日本人ならではの老後の楽しみですので、和歌をたしなむという趣味を始めてみるのも楽しくて良いでしょう。
和心を磨いて感性を高めるのにも役立ちます。

たくさんの魅力がいっぱい!英会話

脳の活性化にもなる英会話

セカンドライフの趣味として多くの人が考えるのは、楽しいということと共に、体や脳を活性化させて若返ることができるようなものをしたいということです。
その点でとてもメリットがあるのが英会話です。
新しい言語を学ぶというのは、脳を柔らかくして大きな刺激を与えることになりますので、素晴らしい活動となります。

今まで使っていない言語を聴いて、それを口に出し、覚えるために手を動かして文字を書くというのは、脳にとって強い刺激となりますので、若返りにぴったりです。
また、人と話すことで言葉を覚えていくことになりますので、人とのコミュニケーションという点でも今まで以上に頭を使うことになって、気分をリフレッシュさせることができます。
もちろん、ネイティブのようにペラペラ話せるようになるとは限りませんが、このような過程を経て英語を覚えていくのは、とても魅力のあるものですし、脳の若返りに役立ちます。

いろいろな人との交流を広げられる機会ともなる

英会話を学ぶに当たっては、多くの人が英会話教室に通います。
そこでは、講師とマンツーマンでレッスンをしたり、グループで会話形式の教室に参加したりできます。
英会話教室では、英語の文法なども学びますが、なにより英語を使ってコミュニケーションを取るということを重視しています。

そのため、講師や、同じ教室に通う人たちとたくさん話す機会が生まれます。
教室では、いろいろなテーマを用いてレッスンを行い、一般的な題材から個人的な話題まで幅広く話すことになりますので、いろいろな人と個人的に知り合う機会ともなります。
このように、英会話教室に通うことによって、友だちを作って交流の輪を広げられるというのも、セカンドライフに英会話を始める魅力と言えます。

いろいろなイベントに参加してみる

英会話を学んでいくために、英会話教室などではいろいろなイベントを開催することがあります。
英語を使ってゲームをしたり、ネイティブとパーティーをしたりすることもあります。

また、英語を使えるボランティア活動などもあって、有意義に時間を過ごせる機会も生じます。
観光地でのガイドボランティアなども、各自治体で募集をかけていますので積極的に参加してみるのも良いでしょう。
英語を通じてたくさんの活動に参加することができるようになって、充実したシニアライフを過ごせるのはとても素晴らしいことです。

このようなことから、英会話を始めるなら単に勉強だけを教えてくれるところではなく、いろいろなイベントを開催している教室を選ぶのが楽しいでしょう。
趣味として英会話を始めることには、他にはないいろいろな魅力があります。